銀行対策税理士が吠える!
現場からの借入実務実況中継

銀行交渉で強気に出ても良いかは、事前 にチェックしろ!

自分の会社が銀行からどう見られているのか、気になりますよね?


そこを見誤ると、、、

・払わなくても良い金利を払うことになる
・「借りてください!」と、言われているから安心していたのに、いきなり態度が急変して焦る。

ということになりかねません。


人間関係に例えると、何かの間違いが起きて、反省すべきシチュエーションで逆切れする人、こういう人とお付き合いしたくありませんね?

意図せず、そんな事をしてしまっていないか、是非ともチェックして頂きたいのです。


逆に、そこを見極めることができれば、攻めるべき時に攻め、引くべき時には引くことができますから、会社も安全になり、また、銀行さんとも良好な関係を築くことができるようになります。


そこを見極める簡単な方法があります。
お手元に去年の決算書をご用意ください。



[STEP1]
損益計算書の一番最終行の「当期純利益」、ここはプラスになっていますか?

プラスになっているようなら、強気に出られる可能性が高いです。
[STEP2]に進んでください。

マイナスであれば、強気に出てはいけません。
来期の決算後に期待しましょう。



[STEP2]
貸借対照表の右下の「純資産の部計」、ここはプラスになっていますか?

プラスになっているようなら強気に出て大丈夫です。
どれほど強気に出てよいかを見極めるため、
[STEP3]に進んでください。

マイナスであれば、強気に出てはいけません。
銀行さんがいつ撤退したいと言い出しても
おかしくない状況です。
プラスになるまでじっと利益を出し続け、我慢の交渉しましょう。

[STEP3]
貸借対照表の左上の「現金・預金」の金額は月商の何か月分ありますか?

LEVEL 1 月商1か月分
 ... 自信を持っていきましょう。
LEBEL 2 月商2ヶ月分
 ... かなり強気で行きましょう!
LEBEL 3 月商3ヶ月分
 ... もう勝敗は完全にこちらの手中にあります。


いかがですか?

なんといっても大切なのは、
[STEP1]の当期純利益ここがプラスかマイナスかです。

意外と「うちは中小企業なんだから、マイナスであることも仕方ない、銀行だって大目に見てくれる」
という甘えた考えが通ると思っている経営者は多いものです。

しかし、現実は違います。
赤字にするなら、それなりの覚悟が必要です。



逆に、[STEP3]のLEVEL2以上にいるのに、保証協会の保証がないと融資してもらえないと思い込んでいたり、必要以上の根抵当権をとられている会社も見受けます。

これも非常にもったいない話です。


ご自身の会社の状況をよく見極めて、適切な態度で交渉しましょう。

良好な関係を構築することができますよ。

セミナー開催

B-LABO(税理士向け銀行対策)情報交換会に登壇!

松波がオーガナイザーを務める、税理士向け銀行対策支援サービス「銀行対策ラボ(B-LABO)」の"情報交換会"に2015年1月20日に登壇致します。

  • 2015年01月20日
  • 東京

開催中のセミナー

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

講師プロフィール

税理士松波竜太Ryota Matsunami

「業績が今のところ落ち着いている」
「銀行さんも借りてくれと言って来ている」という方へ

ご相談にいらして頂くお客様のほとんどが、「出会うのが1年早かったら...」という方です。 そんな方々も1年前は同じような状況でした。

業績の変化、銀行担当者の変更などで、いつ何どき事情が変わるか分かりません。
メールマガジンにご登録頂くだけであれば、こちらから営業のお電話などを差し上げて煩わしい思いをさせることはありません。今その必要がないと思われる方も、ぜひともご登録ください。

会計事務所業界に20年、税理士資格取得後独立し10年間となる。500社以上の中小企業に関与し、特に資金繰りと銀行交渉については113社をサポート。「決算書が読めない経営者でも銀行交渉ができる」をコンセプトに説明資料の準備から、アピールすべき点、想定される質問、さらには交渉の継続判断など具体的な「次の一手」をアドバイスし、中小企業経営者から絶大な信用を得ている。

無料!

メール学べる銀行借入 銀行借入ドットコムメールマガジン

「その節税が会社を殺す」の著者 ”松波竜太” の書き下ろしメールマガジンを無料で配信しています!!
ちょっとした空き時間を使った学習にオススメです。

メールアドレスのみで今すぐ購読

×
その節税が会社を殺す