借入は減らすな

ご存じ
ですか?

目指す金利は0.4%!

銀行借入の5つの裏技手許資金は約5倍・年利は1/2以下に!

30年間借りるのに苦労した企業が、
たった3年で銀行からお願いされるようになった理由とは...

STOP!

まだ信じているあなたへ…
借入に関するつの嘘
「借金は返さねばならない」が
会社を苦しめる!

嘘

借金がなければ
会社はつぶれない

潰れるのは手元資金がなくなるから。主な原因は
支払手形の不履行です

嘘

中小は保証協会を付けないと
借りられない

むしろ最近は保証協会の審査の方が
厳しいことも

嘘

銀行交渉には財務体質の強化と
社長による決算書説明が必要

もっと簡単に
短期間でできることがあります

嘘

借入を半分にすれば
支払う金利は半分に

借入を減らすために取引銀行を
減らすと利率は上がります。

嘘

複数行と取引せず一行に絞ることで
イザという時に味方に

銀行にも競争させれば、
有利な条件が引き出せます

嘘

取引銀行を増やすには口座を
持っている銀行に声をかければよい

口座を持っているだけでは
お客様として認識されていない

嘘

決算書の借入残高が少ない方が
融資を受けやすい

同種の誤りに「お金を持っていると
融資を受けられない」があります

どれか1つでも信じていた方へ…
この先の情報はあなたのためにあります!

好意的でない銀行にいくらアプローチをかけてもムダ!
そんなあなたには銀行借入ドットコムの対策メソッドが必要!

現状を当然と思っていませんか?
こういう銀行は貴社の融資に後ろ向きです

金利が3%を超えている

他行の動向を尋ねられたことがない

担当者も呼ばなければ来てくれない

午後5時を過ぎると会ってくれない、
来てくれない

打診していないのに「保証協会(あるいは店)がOKしないと思います」と断られる

決算書のあら捜しされ、
無理難題を吹っかけられる

一度も上司(課長・部長・店長)を
連れてきてくれたことがない

保証協会付の融資しか勧められたことがない

企業の将来像や経営者の方針に
興味を持ってくれない

残念ながら当てはまってしまった方…
銀行対策を見なおしてみませんか?
きっと解決策が見つかるはずです。

銀行交渉は大企業だけの特権ではありません!!

なぜ銀行交渉をすべきなのか!?

利益を生む
ビジネスの原理

  1. 交渉力 交渉を制するものが勝利する
  2. 選択肢 交渉を制するための要因は、競合よりも選択肢を持っていること
  3. 資金力 使途が自由になる資金が事業展開の選択肢につながる
だからこそ

手許資金を増やすことが大切!

手許資金を増やすと
こんなメリットが…

  • 資金不足による受注の躊躇がなくなる
  • 支払条件変更で安く仕入れられる
  • 資金繰りに割いていた時間を本業に充てられる
  • 銀行の評価が上がり、低金利での借入ができる
資本主義の原理原則

お金があるから利益が出る!金が金を生む!
有効な銀行対策で手許資金を増やしましょう!

様々な疑問にお答えします

疑問

決算書のどこに
目をつければいいのだろうか

疑問

抱えているリスクと
その対策をどのように説明するべきか

疑問

特に決算書・業績等で
アピールすべき点はどこか

疑問

評価を上げるために具体的に
どのような行動をすべきか

「借入を減らすな!」の著者・税理士”松波竜太”が 直接サポート!

「決算書・試算表をもって、どう金融機関(または税務署)に説明すべきか」にお答えします

サービス内容はこちら
無料!

メール学べる銀行借入 銀行借入ドットコムメールマガジン

「借入は減らすな!」の著者 ”松波竜太” の書き下ろしメールマガジンを無料で配信しています!!
ちょっとした空き時間を使った学習にオススメです。

メールアドレスのみで今すぐ購読

×

お知らせ